【キッチンカー販売】逆転現象に乗る!その③~相乗効果編

キッチンカー販売完全版!

キッチンカー業界の流れが、短期間で実店舗を持つまでになった経営者が多いという事と、店舗運営についての注意点を紹介してきました。

今回は実際にどういった相乗効果があるかに絞ってお伝えします。

実際に当社でも取り入れているので現場で感じた体験談と、まわりのキッチンカー仲間から実際に取材した生の情報でお伝えします。

※よかったら合わせて読んでみて下さい

※キッチンカー逆転現象①〜概要編

※キッチンカー逆転現象②〜要注意点編

スポンサードリンク
スポンサーリンク

魅力的な相乗効果が多いです

意外な効果ももたらします!

実店舗を持つことで、キッチンカー販売とどのような相乗効果があるか、いくつか想像しているかと思いますが、思いがけない効果もあります!

もちろん無理して店舗を持たなきゃいけないということではないです。

この先の目標の一つに店舗を持つということがありましたら、プラス面をしっかり把握しておけば、より日々の営業にも力が入るかと思います!

それでは代表的なものをそれぞれ見ていきましょう。

アイドルタイム出店で効率的に

ランチもやっているお店では、午後3時〜午後5時まで一旦閉店というスタイルをよく見かけますよね。まさにそういう店舗にはそのアイドルタイムだけ出店するキッチンカーも結構います!

一日の営業サイクルで見ても、とても無駄なく効率的な事は直感的に理解していただけますよね?

こうした時間帯だけのピンポイント出店は主食ではないサイドメニューの商品を提供しましょう。時間帯的に、おやつ感覚で購入するお客様がターゲットですからね。

平日キッチンカーが稼働しない日に、こうした小回りの効く工夫ができるのは大きな相乗効果と言えるでしょう。

走る広告塔として

昼時がメインの業態(例えばラーメン店など)でなければ、ランチ営業は夜のお客さまに繋げる、広告の意味合いで低価格商品を提供する事はよくあります。

昼メインでない店舗でしたら、なおさらキッチンカーは実店舗誘導の広告塔にもなりますので、相乗効果は大きいものになりますね!

この場合は必ず、キッチンカー販売の商品袋に実店舗のショップカードや割引券を入れてお渡ししましょう。

余談ですが、広告塔といえば実際にキッチンカーのいくつかの面を広告スペースで販売しているキッチンカーも走っています。

スタッフのモチベーション

意外かもしれませんが、スタッフのモチベーションアップにも繋がります!

店内の調理や接客から離れて、全く違うロケーションで販売する事はとても新鮮なようです。これは逆にキッチンカーの販売員が店内で仕事をする時も同じ事が言えます。

さらに、販売現場と生のお客さまの声を聞くことで、新商品のイメージも湧きやすくモチベーションも高まります。

いずれにしても一体感を持つ事はとても大切で、店舗は店舗キッチンカーはキッチンカーという意識だと強いチームにはなりませんので、とても大切な事です。

対外的な相乗効果も生みます!

屋台や移動販売と聞くと、小綺麗なお店とはかけ離れたイメージがありますよね。

いくら衛生面に気を使って営業していても、お祭り的な人混みの中のイメージがありますので、これは仕方のない事です。

店舗を持つと、気が付かないところでマイナスなイメージも払拭されたりします。

お客さまの衛生面の安心感

近年のパンデミックもあり、食品衛生は飲食店にとって以前よりも重要事項です。また、お客様も以前より敏感です。

どうしても衛生についてはマイナスなイメージが付きまとうキッチンカー販売も、実店舗を構えることで衛生面の安心感をお客さまにもたらす事は間違い無いです!

実際に大きな厨房や、洗い場・収納スペースで管理出来ますので衛生面は向上します。

取引先の信用が高まる

イベントで「キッチンカーを呼びたい」という企業も、出来ればしっかりしたお店や有名なキッチンカーを呼びたいですよね。

そうした企業やバイヤーさんも、実際に店舗を構えているところの方が評価が高いです。これはホームページを持っているかどうかも関連します。

インスタなどのSNSしかないようなお店よりも、ホームページもあった方が安心感があります。なので、簡易的なホームページで構いませんので、そちらも手掛けましょう。

仕入もスムーズになる

キッチンカーを開業したら、業務用の仕入れや包装資材など、あらゆる場面で苦労する事があります。これも初回だからというより信用からくる問題です。

最近はキッチンカーも認知されてきましたので、以前ほどではないようですが、店舗を持てば以前より取引がスムーズになるはずです。

業務用の卸って、価格もそうなんですが営業マンがそれぞれ専門家ですから、流行りの情報を提案してくれたり、他店の成功事例などの情報を提供してくれます。こうした側面は経営する上でとても大きい事でなんですよ。

【キッチンカー販売】逆転現象に乗る!その①~概要編
商売で大切なことはスピードと目標!いろんな記事でその大切さを書いていますが、何回かに分けてキッチンカー販売の目標につい...

店内業務と人材育成

それでは実際の店内におけるメリットをお伝えします。

きっと最初に想像していた事が多いと思いますが、色々ありますので一緒に確認してみましょう。お店を持つことで得られる特典みたいなものですから、すべて恩恵受けましょう。

ゴミ処理

本拠地がないと困るのがゴミの廃棄です。ゴミ処理が解消出来るのはストレスかからなくて助かります。

地域によって違いますが、専門業者との定期収集契約なら、ある程度は分別も楽になる事がありますよ。

出車準備と後片付け

次に楽になるのが準備と片付け。仕込みが必要なものは営業時間中に出来ますし、片付けもシンクと冷蔵冷凍庫などでかなり楽になります。

特にシチューやラーメンスープなどの長時間掛かる仕込みは、店舗運営中に出来るのは大きなメリットになります。

商品開発で売上向上

仕込みに時間をかけられることで、今まで提供できなかった商品を開発することも可能です。キッチンカー内でのオペレーションは限られますので、凝った商品はできなかったという方には、キッチンカーの業績を伸ばすきっかけになるでしょう。

店内とキッチンカーで商品のリサーチも出来るので、決断もより早くなりますから新商品のサイクルも早くなります。

【キッチンカー販売】逆転現象に乗る!その②~1つだけの要注意編
前回の記事では既存店からキッチンカー導入の流れが逆転していて、キッチンカーからはじめて実店舗を持つという流れが押し寄...

人材確保と育成

店舗でキッチンカーの仕事を担うことにより、店内スタッフの稼働時間も増えます。雇用も短時間のパート募集ではなくて済むはずですから、人材も確保しやすくなるでしょう。

また、上記の通り商品開発やゲリラ出店などで活躍の場も増え、調理も接客もどんどん経験させる事ができます。

人材育成は実務経験が一番なので、スタッフの成長も期待できますよ。

商品ロス販売ロスが減る

単純に販売が2箇所になるわけですから、どういった販売方法を取るかは経営者次第ですが、売れ残りのロスが減るのは確実です。

さらに、キッチンカーの出店場所によりますが、売り切れ商品を補充に行くことも可能です!これは当社はよくありました!(それだけ販売量の読みが外れたということなのですが 笑)

商材・資材などの保管庫

こちらも開業時に必ず困る問題なのですが、仕入商材や包装資材などの保管も出来るのは助かりますよね。特に冷蔵・冷凍庫は店内用と合わせて大きいサイズになるはずですから、頭を悩ませていた方には朗報です。

包装資材も取扱商品によりますが、在庫保管には結構スペースが必要です。

【ネット起業家へ】プログラミングから身につけるべき:成功者の真似からはじめよう
現在上場しているオロというIT企業。創業まもない頃に携わる機会がありました。ネットの仕事とはまったく関わりのない...
*まだまだ成長過程の業界です!
実店舗と移動販売におけるメリットは、まだまだ潜在的にありそうです。この業界は成熟していない成長期ですから、またいい情報がありましたら急いでお伝えしていきます。どんなタイミングでも「動き出すのが遅かった」と感じて諦めてしまう方がいますが、全然間に合いますから一緒に高めていきませんか?何か一つ動き出したら、もうやるしかないって走り出すものですよ。

タイトルとURLをコピーしました