【要約版】起業するには

【要約版】起業するには 起業するには

起業してみたいという人は多いですが、資金の調達や開店までの準備の進め方自体が曖昧なため
そこで立ち止まってしまうことが多いのではないでしょうか。

ただ、結論から言いますと起業したかったら今すぐできます。

それではなるべく簡潔にお伝えしたいと思います。

アメリカの大学と同じです

スタートはとても簡単で、入学は簡単なアメリカの大学と同じです。
始まってからが本格的な起業ですね。

ちょっと乱暴な言い方かも知れませんが、どこまで準備が整ってからと
自分で高いハードルを決めていないでしょうか。
はじまる前から収入や売り上げなどで頭を抱えていていないでしょうか。

最初はそのちょっとした勇気が出ないんですよね。

才能も経験値も環境も揃っているのに諦めてしまった人、
遠回りをしてしまった人をたくさん見てきました。

いつまでも若いと思っていたら、ちょっと足踏みしている間に
後輩に先を越されてしまうこともあります。

30代の頃、起業塾も無料で運営していましたが、
そこに参加し、仲間もでき、もう目の前というところまできても
起業に至らなかったケースの方が多かったです。

起業する・経営者になるということが決して素晴らしいことではありませんし
そんな生き方が全てではありませんが夢があれば叶えてほしいですね。

冒頭からここまでしつこいようですが、資金の工面や事業計画より
実質一番高いハードルがこの”ちょっとした勇気”なんです。

*余談です(しつこいので飛ばしていいです 笑)
逆上がりや跳び箱がちょっとした勇気で出来た経験ないでしょうか?起業できない一番の理由は間違いなくそんな一歩を踏み出せないだけのことです。もちろん何をやってもいいというわけではありませんが真剣に起業・独立を目指しているかたであれば早い方がいいです。自分の年齢も時代の流れもただただ流れていくだけです。起業に至るまでの経験をしっかり積んだ方もそうでない方も、貯蓄が豊富にあったり後押ししてくれる環境にある人たちもいれば開業資金が十分でない方もいます。様々なケースがありますが、できる準備をして踏み出すだけですよ。

必要なステップは3つだけ

  • 資金調達
  • 事業形態
  • 許認可などの手続き

以上3点をクリアすればいよいよ起業です

何はともあれ開業資金!

この3つのステップではダントツ資金調達で悩んでいる方が多いと思います。
公的金融機関の日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)や、信用保証協会を利用した融資。
地域の銀行や信用金庫・信用組合などを利用した制度資金などなど。
正直なところ厳しすぎます!

担保・保証人・自己資金(希望額の三分の一は必要です)のいずれかで
申込額に対する担保価値がなければ厳しいです。何のための金融機関なのか…

不動産などの担保や保証人がしっかりしているとすんなり出ますが、
そうでない人の方が圧倒的に多いですね。
詳しくはhow to〜で触れますが一つ試してみてほしいのが

地域の商工会議所の推薦を受けること。
推薦を受けれれば、ほとんどのケースは融資おります。
担保が足りない方は足を運んで相談してみてください。

中小企業庁などの起業家向けスタートアップ支援も随時変わっていくので
弁護士・税理士・司法書士・行政書士などの侍がつく職業の方が
身近にいましたら情報収集してください。特にコロナ禍の現在(執筆時2021年)
さまざまな制度が緩和されていて、また新たな制度も出ています。

中小企業庁などでしたら融資よりも補助金や助成金の方が手厚い実感があります。
雇用が発生する事業でしたらどんな時期でも必ず何かしらの制度はあります。

基本的に補助金・助成金は返済不要です!

制度を受けられる対象でしたら期間などがあるものがほとんどですから
受けられるものは漏れなく受給しましょう。

資金調達の手段として最近はクラウドファンディングもあります。
ビジネスプロジェクトというよりも社会全般の事案に対して
立ち上げることが多く、またビジネスではベンチャーやゲーム開発などの
これからの業界や学生起業家向けのものが多いようです。

あまり知られていませんがクラウドファンディングには融資型もあります。
ソーシャルレンディングと呼ばれるものですが起業向けではないので
斬新なアイディアや学生さんなどはクラウドファンディングの運営サイトに
登録してみるのもいいかと思います。

事業形態

事業の形態(組織の形態)は、個人事業主としての起業・法人として起業
・フランチャイズとして起業するなどのパターンに分かれますが、
個人と法人の大きな違いは、さまざまな契約の際に(融資も含めて)
個人が保証するか法人が保証するかという点。

規模が小さいうちは法人契約であっても実質個人保証のようなものですが
企業として順調に成長していくと社用車や保険など経費として
算入される契約やそうでないケースなど複雑な事案もありますので
その規模までいったら専門家の税理士に依頼するべきでしょうね。

それと大きな点としては社会保険の加入義務ですね。
社会保険料の負担は企業にとって大きなものです。
細かい条件の違いはありますが、法人であれば加入は必須と思っていて下さい。
個人でも最初から従業員を雇う場合は人数・雇用形態にもよりますが
加入義務の適用になる場合があります。

フランチャイズでの起業は加入時の資金、毎月のロイヤリティーなど
資金負担が大きい代わりに安定した経営やノウハウの取得が見込めます。
コンビニや大手飲食チェーン、車の修理や理美容業界などさまざまです。

人気のフランチャイズチェーンは、もちろんそれなりに加盟金などの
初期費用も高く設定されています。ロイヤリティーも然りです。
起業後すぐのスタートは比較的安心ですが、本部の業績に一蓮托生なので
大きくても小さくてもまずは初期費用がどのくらいの期間で回収できるか
基準にしてみるのもいいと思います。

許認可などの手続き

事業を始めるにあたって必ずしなければいけない許認可の手続きは
個人事業でしたら「開業届」(税務署)。基本的にこれだけ。
最初から従業員を雇用する際には「給与支払い事務所の開設届」も必要ですが
税務署で一度に申請できます。名前や住所などを記入して提出するだけです。

法人の場合は、法人の登記が必要なので司法書士に依頼しましょう。
定款の作成や設立届などの専門的な書類の作成・提出が必要です。
登録免許税・印紙代などもかかりますので、最低20万円はかかると思っていて下さい。

さらに業種ごとの免許もあります。
代表的なものでしたら飲食店は営業許可証であったり、
中古車販売や古着販売であれば古物商の免許。
あげるとキリがありませんが、書類一枚提出するだけのものも多く
難しい許可はほとんどありません。はじめにしっかり手続きを済ませましょうね。

*余談です
実は日本は世界的にみて起業のしやすさという指標ではかなり下位になっています。しかし、上場を目指すような特殊な起業ではなく、一般的な起業とはまずは一個人事業主として踏み出すようないわゆる零細企業を指しますので決して難しくありません。というか、今日からすぐにでも起業できます。もし報道などでそうした実態を聞いたりしても全く気にする必要はありません。この指標は日本という国が純粋な資本主義ではなく世界で唯一成功した社会主義経済であること。つまり建設業界などのピラミッド型の業界では、国に守られた大企業に食い込むことが極めて困難なことだったり、国策でシステムが出来ている業界への参入は上り詰める上限があるということです。また開業資金調達のハードルが異常に高いことをはじめスタートアップ支援が乏しいのがそうした世界的な評価につながっているのです。
助成金・How To本など

【2ヶ月ぶり更新 笑】自粛期間中に新しいビジネス構築してました

気がつけば2ヶ月以上も更新できずにいました。 貴重な読者のみなさま、本当にすみません。 何をしていたかといえば、...
アパレル業界で起業する

【情報過多は危険】その知識は誰でも得られます:情報との効果的な向き合い方

ネット社会がどんどん進んでいく中で、毎日処理できないくらいの情報と当たり前のように触れ合う時代になりました。 自ら...
アパレル業界で起業する

【協力金支給遅れに】早めの緊急融資活用で資金繰りを円滑に:9月1日まで

緊急事態宣言・まん延防止措置に協力した店舗へ支給される、協力金の支給が大幅に遅れています。 資金繰りでアテにしてい...
アパレル業界で起業する

【採択率80%超】まだ間に合います!小規模事業者持続化補助金:即日申請できます

最近新規立ち上げ事業でなかなかサイトの更新ができないのですが、どうしてもこれだけは早くお伝えしたいのでぜひ一読くださ...
応援団長の雑談

お風呂とベッドがヘブン:応援団長の雑談

Dear Friends, 6月になって更新頻度が下がっているのですが、実は新規事業の立ち上げをしていまして、近い...
助成金・How To本など

【飲食業初心者でも①】早い者勝ちのキッチンカー販売:フランチャイズでの参入もあり

飲食店の事業者、起業を考えている人向けに紹介しようと思ったのですが、飲食に限らず今後の生活や仕事の維持などで頭を悩ま...
アパレル業界で起業する

【無料もあります!】世界中と繋がるスキル学習は2つだけ:英会話のススメ編

現在(2021年6月)自粛モード真っ只中だからこそ、持てあましている時間をスキル学習に充ててみてはいかがですか。 ...
アパレル業界で起業する

【起業と副業の違い】フリーランスという響きのいい肩書き:無数のライバルがいます

最近の起業相談で、やっぱり多いのはIT関連です。 まだまだ伸びる業界ですから、勝負するには大きな可能性がある分野で...
アパレル業界で起業する

【時短協力金の支給遅れ】スムーズに通過する申請のポイントをまとめました:支給遅れの例から学ぶ

いろんなメディアで取り上げられている協力金の支給の遅れ。 各自治体で申請受付がはじまりましたが、のんびり構えずに申...
アパレル業界で起業する

【緊急事態宣言中にやるべき事】経営者が動くべき事まとめ:該当区域関係なく必見です

緊急事態宣言の延長から、肩を落としている経営者の方も多いです。 特に飲食業や観光業の方は、暖かくなってシーズン到来...
タイトルとURLをコピーしました