【キッチンカー女子】女性起業家がキッチンカーと相性がいいワケ(支援金あり)

キッチンカー販売完全版!

年々女性起業家が増えていますが、特にキッチンカー販売での女性起業家は多いです!

料理を作るのも食べることも好きだったり、販売が好きだったり、とても活き活きしている女性経営者が多いです!

起業家の卵の方と触れ合うことが多いのですが、「食」と「デザイン」関係で起業を目指す女子は昔から多いので、キッチンカーはとても相性がいい気がします。

女性ならではの販売スタイルや特色・メリットから、女性起業家向けの融資制度も併せてご紹介します。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

主婦や子育てママの起業!

柔軟な営業スタイル

女性は生活環境によって起業を目指せなかったり、断念することが多いです。

結婚・家庭・出産・育児と、人生のイベントが多く、僕を含めた男性諸君と違って自分を押し殺して守っているものが多いです。今は、親の介護も当たり前にありますしね。

キッチンカーで起業する女子が多いのは、様々な事情があっても柔軟に対応するスタイルで起業することが出来るからです!

当社のスタッフの中でも、来年はキッチンカーで起業する女性スタッフが2人います。身近でこんなにいるので、今後も活躍する女性はますます増えていくはずです。

ライフスタイルに合わせて

キッチンカー女子で代表的なスタイルを挙げると

  • 子育てママ
  • 主婦
  • フリーター(中にはOLの方も)

「週末のイベント」「夏季」「ランチタイム」と、自分の生活環境に合わせて、出店可能な場面だけ営業するということができるのが大きいです!

実店舗での起業ではないので、休んでいてもかかる固定費がないのがその要因です!

キッチンカー販売のメリットを最大限に活用できるワケです。

※固定費についてはこちらを参考にしてみてください

「お子さんが学校に行っている時間に」「勤務シフトの入っていない日に」といったことが可能です。特にフリーターや転職を考えている人は、業績が順調で周りの環境が整ってきたタイミングで、キッチンカーに集中することも出来ますね。

好きなスタイルにしやすい

こうしたライフスタイルに合わせた出店は、キッチンカーだけで食べていくんだという意識が、いい意味で薄いのでかえって自分好みのスタイルで営業出来ます。

家計や自分の収入のメインでないということですね。プレッシャーがない分、女性ならではのセンスや発想を思う存分発揮して、素敵なキッチンカーに育てて欲しいです!

【キッチンカーメニュー】重要です!人気の定番メニュー10選!
いの一番に決めなければいけないのがメニューですね!これが決まらないとキッチンカーも発注できません。店内業務を考えない...

キッチンカー女子は軽食系で!

女性ならではのセンスが光る

女性ならではのセンスってたくさんあります!

アパレルや雑貨店の販売員や飲食店のホールスタッフに女性が多いのは、女性ならではの気配りのきめ細かさや接客の安心感などからです。考えすぎたり肩に力を入れなくても、いつも通りのあなたの方がきっとお客様にも安心感が伝わりますよ。

扱う商品はやはり軽食系が女子力を発揮しやすいようです。具体的に見ていきましょう。

女子力を発揮してください!

うちのスタッフも圧倒的に女性が多いので、女性ならではの長所はたくさん感じます!ざっと挙げてみると

  • 色使いがとてもうまい
  • 流行に敏感
  • 商品POPが可愛く目をひく
  • お金の管理がきっちりしている
  • 女性の笑顔は大きな武器
  • 一つの仕事に集中できる
  • 会話に笑い声が絶えない
 

などなど、まだまだいくらでも挙げられますが、こうした女子力を思う存分発揮してください!

SNSが大きな力に

キッチンカー販売では、特に重要なのはSNSの活用です!

ゲリラ的に現れるキッチンカーは、インスタで出店情報の告知を行うのが必須で、フォロワーもあっという間に集まります。また、お客様がインスタ映えする商品はどんどん紹介してくれるので、知らないところで人気が出るケースも少なくありません。

普段から自分も気にかけているからこそ、色使いやSNS映えする盛り付けを心がけるはずです!気になるポイントや、目を引くポイントをお客様目線で知っているというのは大きなアドバンテージです。一度インフルエンサーに取り上げられると、一気にフォロワーも増えて、知らず知らず噂の人気店になることもあります。

スイーツなどの軽食系がオススメ

以上のような理由から、圧倒的に女性にオススメなのが軽食系になります!

女性ならではの華やかさや明るさが伝わると、イベント主催側からしてもアクセントとして呼びたくなるので、出店依頼の声もかかることでしょう。

また、軽食系だとキッチンカーのサイズも軽トラックが主流で、初期投資も大きくなくて済むメリットもあります。

強い出店場所と弱い場所

軽食系は、イベントやショッピングセンターなどの集客力の高い施設が向いています。

イベント中に食べ歩くことが出来たり、お客様の滞在時間が長く、ゆっくり過ごす環境では一日通して売り上げを作れます。

大きなイベントでなくても、主食を扱っているキッチンカーと一緒に出店するのもいいでしょう。そうした相方を見つけるには、一度イベントに参加して開店準備中に他のキッチンカーに挨拶に行くと、すぐに仲間が出来ますよ!

女性が多い、またはファミリーが多い場所がいいです。女性と同じように、お子様にも喜ばれることでしょう。

逆に相性が悪い出店場所は、サラリーマンが昼食や夕食を求めているオフィス街や、夕食の食材目的のスーパーなどはあまり相性良くありません。

女性起業家向けの優遇措置

女性起業支援の融資の優遇措置もあります。

下記にリンクを貼っておきますが、興味がある方は実際にお問い合わせしてみるのが一番安心です。こうした制度を利用するのに、条件や提出書類などを自分で確認してくると日が暮れますし、たまに心が折れます(笑)

行政の支援も金融関係も直接問い合わせるのが何よりですよ!

国民政策金融公庫:新規開業資金(女性、若者/シニア起業家支援関連)

URL:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/02_zyoseikigyouka_m.html

また、女性に限らずキッチンカー起業で使える助成金は下記の通り。何度も予算に組み込まれて期限延長されていますが、今後いつまで利用できるかは不明なのでご確認くださいね。

小規模事業者持続化補助金

URL:https://r3.jizokukahojokin.info/

ものづくり補助金

URL:https://portal.monodukuri-hojo.jp/

軽食以外の取り扱いについて

決して、軽食以外のメニューは向いていないというわけではありません。

軽食系が女子には強い傾向があることと、実際に活躍している女性が多いということから取り上げました。

子育てや働きながら副業感覚でというのではなく、キッチンカー起業を目指す女性は、自分に合った記事をこれからも参考にしてみてくださいね。

*一昔前なら憧れ
一昔前の収入がしっかりした家庭の奥さんが、半分趣味で雑貨店や喫茶店をしていたのに似ています。それこそ一部のセレブの特権でしたが、もっとライトな感覚で出来るので勇気もリスクもそこまで必要ありません。起業家精神がある女子にはいい時代になったなと思います。一昔前と違うのは、利益度外視で営業していたスタイルではなく、キッチンカー女子はしっかり稼いでいることでしょう!女性は仕事も綺麗ですから、なおさら向いているんですよね!
【ネット起業家へ】プログラミングから身につけるべき:成功者の真似からはじめよう
現在上場しているオロというIT企業。創業まもない頃に携わる機会がありました。ネットの仕事とはまったく関わりのない...

タイトルとURLをコピーしました