【起業のきっかけ】行動を起こせない不安とは?:なんでも相談できる仲間を持つことの大切さ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネット関連

フリーランスやネット事業に興味はあっても、色々と不安があってなかなか行動に移せないものですよね。

まずは副業感覚で、お気軽に収入を得てみてから考えたらどうでしょう。

主婦の方も学生さんも、行動に移している人は収入になってますからね。

不安が先に来て、行動できない時は仲間を作ることをオススメします。

ちょっとした行動を起こす勇気にも仕事に対する様々な不安にも、仲間の存在はとても大きいです。

実際に独立・起業を考えるなら、先を見据えた事業プランをしっかり持つこととネットワークを作ることはとても大切なことです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサーリンク

頼れる仲間を作りながら経験を積む

会社を辞めて、まわりに猛反対を受けながら起業するという時代ではなくなってきているようです 笑。

今は「ある程度収入になってから」という助走期間ができました。

それでも行動に移せないのはいろんな不安があるからですよね。

仕事を受注した時のトラブルや対処法など。

同じ取り組みをしている、純粋な仲間がいると心強いものです。

あとで雑談で紹介しますが一人で進めるよりも圧倒的に成長が早まります。

情報も一人より仲間がいたほうがたくさん入って来ますからね。

不安なく行動を起こすための順序と方法を紹介します。

  • 積極的に仲間をつくること
  • スキルを身につける学習をすること
  • 頼れる先輩をつくること
  • 低価格の仕事から経験させてもらう
  • 目標を掲げて単価の高い案件に挑戦する

積極的に仲間をつくること

バーのマスターをやっていて、色んな若者や若くない人(笑)と仕事の話になると結構副業はじめている人多いですよ。

きっと探せば身のまわりにもいるはずです。

はじめている人も、はじめようと考えている人も思ったより多いですよ。

次に探しやすいのがSNSですね。

自分から自分の情報を発信することと、こちらから探すことをしていれば同じような境遇の仲間は見つかります。

仕事に対する価値観やスタンスなど、気の合う仲間を見つけましょうね。

最後は自ずと増えていくのですが、実際に仕事をしていくと取引先から人脈もできますので仲間は知らず知らずできるものです。

どんなに最初は繋がりが薄くても仲間を大切にすることです。

どれだけ事業が大きくなっても同じ立場から意見もくれますし、ともに成長していく仲間はかけがえのないものです。

  • 気づいていないだけで身のまわりに必ずいます
  • SNSの発信と、検索で見つけてフォローしましょう
  • 仕事をしていく中で必ず増えていきます
  • 価値観の合う仲間ができたらいつまでも大切にすること

スキルを身につける学習をする

仲間を見つけていくことと同時にスキルの学習もすること。

将来起業も考えているなら学ぶべきスキルはプログラミングです。

仕事後のわずかな時間でも学習を続けるクセをつけましょう。

ブログやせどりなどで収入を得ている人もいますが、そういったサービスを利用した手段でなくしっかり腐らない技術を身につけることです。

(あくまでも副業でというならこだわりませんが)

仕事をしながら時間の制約がある中でも、3ヶ月も続ければある程度のスキルは身につきます。

HTMLから覚えてきたら、実際にかっこいいな〜と思うデザインのホームページを真似して作ってみましょう。

そうすることで、どこまで出来て何がわからないかがわかります。

デモンストレーションではありますが、実際に仕事を受ける上での必要なスキルが自分で知ることができます。

そこまで来たら月に5万円・10万円といった目標を立ててみましょう。

仕事の受注はしなくても、クラウドソーシングにあふれている案件を眺めてみれば、月にどのくらい稼げるか実感が湧くはずです。

⏩ プログラミングは無料体験と助成金のあるTechAcademyからがオススメ

  • 一日数時間でもスキルの学習を続ける
  • 気に入ったデザインのホームページを真似て作ってみる
  • 具体的に月の収入の目標を掲げてみる
【ネット起業家へ】プログラミングから身につけるべき:成功者の真似からはじめよう
現在上場しているオロというIT企業。創業まもない頃に携わる機会がありました。ネットの仕事とはまったく関わりのない...

頼れる先輩をつくること

フォトショップにしてもイラストレーターにしても、本を読むより知っている人に聞いて覚える方がもちろん早いです。

実際のスキル学習がプログラミングスクールなら、受注に関するアドバイスをくれるサービスもあります。

身近に教えてくれる詳しい人がいれば、それに越したことがないのですが代わりになってくれるサービスです。

メンター(先輩・助言)サービスと呼ばれるものです。

(ちなみにプログラミングスクールを利用すると担当がつくので必要ありません)

低価格の仕事から経験させてもらう

仲間を増やす努力とスキル学習も進んだら、いよいよ仕事の受注です。

仲間やメンターまでいればきっともう怖くないですよね。

ネット限らずどんな業種でも、結局は行動するかしないかなんですよね。

起業家に一番大切なスキルは何かといえば、断然行動力というスキルです。

免許取り立ての運転と同じで、最初は時間もかかりますし小さな事故も起こすかもしれません。

ノロノロ運転でクラクション鳴らされるかもしれません 笑。

なので最初は単価の安い案件で経験を積むことをオススメします。

納品するまでかかった時間が時給などに換算しないで、「お金をもらって経験もさせてもらっている」と捉えましょう。

経験を積むとクラウドソーシング上で自分の受注実績ができますので、新たに案件を獲得する際の安心感・信用度が違ってきます。

まずは低単価でも仕事をして収入を頂くことが一番大切なのです。

目標を掲げて単価の高い案件に挑戦する

仕事として実際にお金を稼ぐ体験も済ませたら、いよいよ具体的な売上目標を掲げる段階です。

クラウドソーシングを眺めても、受注できそうな案件の幅が広がって来ているのではないでしょうか?

目標金額によって入札する案件も違って来ますが、できるだけ簡単な案件ではなく「頑張れば出来るかも」くらいの努力が必要な案件にしましょう。

その積み重ねが実力を高めることになりますから。

半年前を振り返れば、「なんだこんなところでビビってたんだ」と思えるようになりましょうね。

毎回少しずつ進歩していく意識が大切です。

気がつけば実際の仕事で稼いでいる収入を超えているかもしれません。

ここで安易に、今の収入だけをみて起業には踏み切らないでくださいね。

どんな仕事があるのか、まずは眺めてみましょう。

【ネット起業】webライティングは収入の入り口:ネット事業の付加価値を生んでくれる
ネット起業家が続々登場しているので、ますます需要が高まっているwebライティング(記事を書く仕事です)お小遣い稼...
*余談です:20年以上の仲間がいるから頑張れます

パソコンをはじめて触ったのは起業してからでした。

楽天で売上日本一になるまでの期間はそれから3年くらいです。

訳もわからず必死に取り組めたのは、やっぱり仲間の存在でした。

実際の店舗を閉めたあとに、朝まで必死にやっていたことは今でも鮮明に覚えています。

一枚の写真をアップロードするのに何分もかかる時代です 笑。

商品ページ一枚作ったらもう朝だっていう感じです。

どんな環境でも必死にやったもの勝ちですよ。

行動する・しないは、少し時間が経てば大きな差として必ず現れます。

まだ目が出ないうちに心の支えとなる仲間は見つけましょうね。

仲間を作ることの大切さのまとめです

  • 積極的に仲間をつくること
  • スキルを身につける学習をすること
  • 頼れる先輩をつくること
  • 低価格の仕事から経験させてもらう
  • 目標を掲げて単価の高い案件に挑戦する

ネット上のサービスは日々進化していますから、この先何年も経つとまた新しい流れになっています。

もし起業や副業を考えていても、行動しないとどんどん時代に取り残されていき、きっかけも見失うことでしょう。

年をとった僕からするとずいぶん便利になったな〜と思います。

それでも行動に移す人は、ほんのわずかです。

大多数は知識や情報として知っているだけです。

小さなことからでもいいので、今回紹介した手順で行動に移してみましょう。

人は動いてみると、どんどん行動できるようになるものです。

タイトルとURLをコピーしました