【キッチンカー最新情報】時代に乗った急成長から質の向上へ〜業界の現在地

キッチンカー販売完全版!

コロナ禍による急激な世の中の変動に伴って、一気に市民権を得るまでになったキッチンカー業界。

丸3年が経つ現在地はどのようなものなのか?

これから出店する方は、「旬の時期が過ぎたんじゃないか」「これからじゃ遅いんじゃないか」という心配がついて回るかと思います。

現場で感じる変化や実情をお伝えしますので、将来が楽しみな起業家の卵の方はぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キッチンカー業界の変化

コロナ禍から仕事がリモートワークになったり、学校もオンライン授業になったりと、様々な産業で変化が起きましたね。

その中でも大きな影響を受けたのが観光・宿泊の旅行業者、そして外食産業です。

外食産業の生き残り策として、需要もあり急成長したのがUberEatsや出前館などのデリバリーサービスとキッチンカー販売でした。

キッチンカー業界の現在地

どんな産業も生まれたばかりの頃は、トライアンドエラーで変化が激しく成長も早いです。まさにキッチンカー業界は、この3年そのサイクルだったといえます。

「成長期から成熟期まで到達していませんが、お客様の目も肥え競合店も毎日産まれている」そんな現在地に立たされています。

生き残り策から市民権獲得

「緊急事態宣言」や「まん延防止」になる度に、店舗を閉めたり早仕舞いしなければなりませんでした。生き残り手段の一つとして、キッチンカーが全国的に一気に増殖することとなります。

当初は、出前やお弁当制作の経験のない店舗も多く、メニューも試行錯誤のキッチンカーが多かったです。現在はお客様にとっても珍しいモノではなくなり、市民権を獲得したといえます。

見た目8割の効果

見た目のいい商品はお客様の目にも留まり販売は伸びやすいです。

これは初期の頃に限らないのですが、当初はとにかく見た目(盛り付けや清潔感、包装資材など)にこだわったモノ勝ちなところがありました。

この頃に起業した人で、こうしたポイントを重視していた人は、しっかり人気店へとステップアップしています。起業したばかりですから、店舗名はもちろん聞いたことありませんが、そんなことはハンデになりませんでした。

もちろん今からでも遅くはありません。当初の傾向として強かったということです。

男女間でも第一印象は見た目8割といいますが、商品に関しても見た目でぐっと美味しそうに見えますよね。特にSNS全盛ですから、見栄えがいいことは今でも大きなアドバンテージです。

【キッチンカー販売】逆転現象に乗る!その①~概要編
商売で大切なことはスピードと目標!いろんな記事でその大切さを書いていますが、何回かに分けてキッチンカー販売の目標につい...

お祭りからビジネスへ

カラフルな見た目でイベントなどでたまに見かけるという存在で、とにかくキッチンカーを見つけたら興味本位で見て回るという立ち位置から、今では「あのキッチンカー来てる!」「ここの〇〇が美味しいんだよ!」とお客様が、お店やメニューを認識してくれるようになりました。

とりあえずキッチンカーならお祭り感覚でウケていた頃から、徐々に世間に浸透して個性を売るように変化して来ています。

コロナ前は、オフィス街で臨時の販売所を設けてワンコイン弁当などがよく売れていましたが、少しずつそちらに立ち位置が移って来ています。

それでは、この先はどのような変化が待っているのでしょうか。

お客様が求めるニーズはどう変化していくのでしょう。

ローカルアイドルと大手の参入

起業家にとっても、まだまだ余白があって洗練されていない業界ですから、お客様に喜ばれるメニュー・サービスを提供していけば、チャンスは未知数にあります!

成熟した業界で頭ひとつ抜けるのは大変ですが、これから成熟していく業界に身を置くのでワクワクして飛び込んできて下さい。

やればやっただけ見返りもあるというのは、心も折れず全ては自分の行動次第だと実感出来るはずです。

大手の参入

デリバリー販売ではすでにマックや回転寿司など、大手がサービスを開始しています。

いずれはキッチンカー業界にも大手が参入してくるでしょう。

これはかえっていい効果をもたらしてくれるはずです。お客様の安心感が違いますからね。

飲食に限らず、大手のおもちゃメーカーやキャラクターグッズの公式キッチンカーも登場しています。流通業界も大手が注目して参入していますから、市場規模も高まるのは朗報です。

地域の番付に乗る

お住まいの地域や拠点となる地域で、すでに人気のキッチンカーが数台思い浮かぶかと思います。安心して下さい。まだまだ追いつけますよ。

歴史が浅い業界の大きな利点ですが、裏を返せば追いかけてくるキッチンカーもたくさんいるということです。まずはいち早く一人でも多くの人に知ってもらうことです。

「日々改善意識しながら、可能な限り出店を重ねる」ことに限ります。

今年の夏にキッチンカーを始めた知人には、ハッパをかける意味も込めて月に20日稼働は最低限だと伝えました。出店場所を増やすコツも伝えましたが、半年間25日稼働を切った月はなく、営業している地域では有名店になりました 笑。

半年の必死な努力で身を結ぶのです!全然追いつけますし、ちょっとサボればドンドン抜かされるので、いずれにしてもやり甲斐がありますよ。

格差はこれから

記事の冒頭でも触れましたが、業界は成長期から成熟期へ向かっています。一昨年よりも昨年、昨年よりも今年の方がお客様の反応は薄くなって来ています。

実力不足で淘汰されたキッチンカーはわずかです。正確には淘汰されたというよりも、旨みがなくなったのでキッチンカーは休んで実店舗に集中する経営者が周りに増えたという感覚です。

成熟した繁華街の競争に比べたら、まだまだ余白はあります。

それでも着実に商品やサービスのクオリティで、格差は顕著になって来ている印象です。ますます「質」を上げていく努力を怠れば格差は広がっていくことでしょう。

取り入れて欲しいのは、毎月一つでいいので新商品を投入し、既存のメニューと入れ替えることです。思い入れの強い商品でも、お客様に支持されなければただの自己満足です。商売ですからそこはしっかりドライに判断しましょう。

【キッチンカー販売】逆転現象に乗る!その②~1つだけの要注意編
前回の記事では既存店からキッチンカー導入の流れが逆転していて、キッチンカーからはじめて実店舗を持つという流れが押し寄...

人気店への最短ルート

お近くの飲食店で人気店を思い浮かべて欲しいのですが、人気店となっている理由を考えてみて下さい。「価格」「料理が美味しい」「盛りつけがキレイ」「マスターの人柄」「清潔感がある」「接客が気持ちいい」他にも思いつく点があれば何かに書き留めておくことオススメします。

まずは人気店の要因で、自分のお店にも取り入れらることはないでしょうか?得意な分野からで構いませんし、誰かの真似でも構いません。いつか自分なりの味も加わって個性になりますから少しずつでも意識して取り入れましょう。

では、評判が良くなかったり、自分も行ってみたけど一度っきりになったお店は思いつくでしょうか?評判の悪いお店の原因も考えてみましょう。

もし自分も似た営業をしていたら、今すぐにこちらは強く意識して改善して下さい。お客様は心地いい体験よりも不快な体験の方が強く残ります。せっかく時間をかけて少しずつ信頼を獲得しても、たった一度不快な思いをさせてしまうと、もう二度といい関係には戻りません。

間違いに気づいた際にはその場で解決しましょう。もしそのチャンスを逃すと、もう二度とお店に足を運んでくれないと肝に銘じておいて下さい。悪い評判は早いといいますが、SNSが当たり前の現代ではさらに加速度的に不評は広がります。

人気店の特徴は時間をかけて身につけていいのですが、不評店と同じような営業は今すぐ直すこと。これこそが遠回りに見えますが、人気店への最短ルートです。商売は生き物で虎の巻はありません。

*時間の進み方が違います!
まだまだ余白のあるキッチンカー業界は変化が激しく、他の業界に比べて時間の進み方が早いとも言えます。昨日まで通用していたことが通用しなくなったり、新しい試みが試されていて受け入れられたり。起業を目指している方は、足を踏み入れたその瞬間から実感できることでしょう。かえって創業される方は、これが当たり前だと身についていいかも知れません。情報ばかり追いかけずに、肌で感じることが大切です。一緒に切磋琢磨しましょう。
【ネット起業家へ】プログラミングから身につけるべき:成功者の真似からはじめよう
現在上場しているオロというIT企業。創業まもない頃に携わる機会がありました。ネットの仕事とはまったく関わりのない...
タイトルとURLをコピーしました