【最速2時間で現金化OK】資金繰り改善にファクタリングサービスを利用する:仕組みと注意点の解説です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネット関連

ファクタリングサービスとは、売上が計上になってから入金までのサイクルが長く資金繰りに困っている事業者向けのサービスです。

一般的には建設業などで、工事着手から入金まで長いサイトを要する時に金融機関で短期借入をしたり手型割引を利用していました。

このサービスを業種問わずに手軽に利用できる民間バージョンになります。

今の時代に合わせたフリーランス向けのファクタリングサービスまであります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサーリンク

売掛金の早期回収で資金繰りを改善

ファクタリングサービスの仕組み解説

入金時期のズレで資金繰りが苦しくなるのは、資金に充分な余裕がなければどんな業種でも起こることです。

毎月の資金繰りなどで、すぐにでも現金が必要な時ですね。

実際に利用したほうがいい例を挙げてみます。

  • 売掛債権の入金サイトが長い場合
  • 少数の取引先に依存したビジネスの場合
  • 突発的な支出に対応が必要な場合
  • 手元資金がまだしっかり貯まっていない場合

取引先が少ない場合は貸倒れ(取引先が倒産して回収できない場合)があると、自分の事業も共倒れしてしまう危険性があります。

そうしたケースの保全として現金化しておくことも必要でしょう。

また、手元の現金が少ないうちは貯まるまでの期間利用するのもありですね。

サービスの利用には手数料がかかりますので、手数料率や時間がどれだけ掛かるかを比較して利用しましょうね。

借入ではないので利息は発生しません

ファクタリングサービスは債権を売買するので借入ではありません。

ですからもちろん利息も発生しません。

入金までのタイムロスを補ってくれるので、毎月の返済が発生するようなことももちろんありません。

債権譲渡の際に手数料が引かれるシステムです。

自社の財務状況は関係ありません

取引先からの入金を早期に肩代わりしてもらうので、利用する際に自社の財務状況などは関係がありません。

ですから自社が赤字経営だとしても影響ないということです。

資金化へのタイムロスを解決して「黒字倒産」を防ぐシステムです。

売掛債権での融資とは間違わないで下さい

ファクタリングサービスは売掛債権を買い取ってくれますが、間違われやすいABL(売掛債権担保融資)という融資があります。

早期現金化を目的とした場合は、売掛債権での融資は実行まで時間がかかりますので間違わないように気をつけましょう。

ABLは、一般的に資金化までサイトが長い業種が利用する融資です。

買取型と保証型があります

ファクタリングサービスの中でも種類があります。

早期に現金が必要な場合は、手数料が高めですが買取型になります。

入金まで多少時間がかかりますが、手数料低めの保証型もあります。

保証型の場合は取引先の信用状況によって、保証金額が変動します。

これは売掛先に何かあった場合に、保証会社が保証を受け持つためです。

【間違える前に】金融機関との上手な付き合い方と決してやってはいけないこと
事業を経営していく中で取引先に限らず金融機関とのしっかりとした信頼関係構築も経営者として大切な仕事です。今回の記事では信...

ファクタリングサービスのメリットとデメリット

事業資金の流れをよくするために利用できる便利なサービスです。

もちろん多少なりともメリット・デメリットがありますので、しっかり理解した上で利用しましょうね。

ファクタリングサービスのメリット

とにかく一番の利点は資金化のスピードが速いところです。

現在(執筆時2021年)のところ最短で2時間で資金化できます。

創業まもない事業でも仮に資金繰りが厳しい企業でも、判断基準は売掛先の信用情報なので自社の資金状況などは関係ありません。

逆に入金までのサイトが今までより長くなった場合は、取引先の資金状況の悪化も考えられます。

万が一の貸倒に備えて資金化して置けるのも大きなメリットです。

現在はフリーランス向けのファクタリングサービスもあります。

  • 現金化のスピードが速い
  • 貸倒などのリスクを防止できる
  • 資金繰りに余裕が持てる
  • 自社の信用度合いは関係なく利用できる
  • フリーランス向けのサービスも登場しました

ファクタリングサービスのデメリット

ファクタリングサービスのデメリットは、一般的な金融機関などの融資よりも手数料が高いことです。

資金調達のしやすさやスピードを考えれば当然のことではあります。

民間企業が事業として行っているサービスですからね。

一昔前は手形割引を行っていると、取引先から資金的に厳しいのではないかと見られて取引に支障が出ることもありました。

今の時代にどれだけそうした風潮があるかわかりませんが、取引先の信用が落ちる可能性があるかもしれません。

  • 融資などに比べると手数料が高い
  • 取引先の信用不安につながる可能性がある

ファクタリング会社の比較です

ファクタリングサービス利用の際には「手数料」「現金化のスピード」が大きな判断基準になりますね。

今では審査に必要な資料もかなり簡略化されてきています。

気になる部分を抜粋して、特色のあるファクタリング会社を3つ紹介します。

QuQuMo(ククモ:入金まで最短2時間)

  • 入金まで最短で2時間です!
  • 手数料1%〜14,8%と低価格設定です
  • スマホ・PCどこからでも手続き可能です
  • 金額の上限ありません
  • 審査は請求書と通帳の2点のみです
  • 債権譲渡登記の必要もありません

株式会社アクティブサポートが運営するサービスで、CMで認知度も信頼性も高まっていますので安心して利用できます。

手続きもかなり簡略化していますのでお手軽ですよ。

個人事業主でももちろん利用可能でオンラインで完結するスタイルです。

ファクタリングサービス:QuQuMo(ククモ)

yup(ヤップ:フリーランス向け)


  • 即日入金も可能です
  • 手数料は一律10%です
  • スマホ・PCどこからでも手続き可能です
  • 最低一万円から申請が可能です
  • 請求書を発行するフリーランスなら誰でも利用可能です

最低の取引金額が設定されているところが多いのですが、ヤップはフリーランス向けなだけあって1万円から利用可能です。

起業仕立てのフリーランスには大きな力になってくれます。

手続きはすべてオンライン完結型です

フリーランス以外の法人でも個人事業主でももちろん利用可能です。

後発のサービスなので、利用の敷居を下げたのが最大の特徴ですね。

即日資金化にももちろん対応しています。

フリーランス向けファクタリング:yup(ヤップ)

MSFJ

  • 即日入金も可能です
  • 手数料は1%〜9,8%の低価格設定です
  • スマホ・PCどこからでも手続き可能です
  • 既存の建設業に対応しているので大型でも最短1日で入金
  • 小口向け用のクイックプランも用意しています

ファクタリングは、もともと建設業などで利用されていたサービスです。

MSFJは建設業にも対応していますので、金額の大きな案件(最大5,000万円)も最短で翌日入金になるシステムです。

さらに時代に対応する少額のクイックサービスも用意しています。

個人事業主から法人まで様々な規模のサービスに対応しています。

手数料もかなり安めに設定されていますよ。

MSFJ

【注意】違法なサイトの見分け方

ファクタリングサービスだと名乗って、違法な貸金をするサイトもあります。

基本的に給料支給前に立て替えるようなサービスは違法です。

「給料」をうたってのサービスの利用は控えましょう。

利息を請求するサービスも違法です。

売掛先の入金が遅れた時に請求されたり、売掛金を担保に貸し出しているようなところは違法です。

ファクタリングサービスは、売掛金を売買(譲渡)するサービスなのでその後に利息が発生することはありません。

  • 給料でのファクタリングは違法です
  • 利息を要求するのは違法です

※参考:金融庁・ファクタリングの注意喚起

【副業でもできます】ストック型ビジネス(サブスクリプション)とは?事業と種類の解説
聞き慣れない単語で読む気が起きないと思いますので簡単に説明します。 世の中のサービスはこちらに向かっています ...

資金繰り改善サービスのまとめです

  • ファクタリングサービス利用の事例
  • 売掛債権担保の融資とは違います
  • ファクタリングには買取型と保証型があります
  • ファクタリングサービスのメリット・デメリット
  • ファクタリング会社の比較と紹介
  • 違法なサイトを見分けるポイント

建設業のような業種的に入金までのサイトが長い業種には、昔からとても便利なシステムですよね。

大きな金額がメインのサービスでしたが、今は少額で誰でも利用しやすいサービスに進化しました。

自己資金が少ない状態で起業した場合には、事業としての蓄えができるまでという利用方法もありですね。

手元資金がしっかりできたら、手数料がかかりますのでクセにならない程度の利用をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました